読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐縮してしまうお店のおもてなし

19日、友達とランチ。和食の銘店へ。素敵な器に色とりどりの料理。

折角だからと思い着物姿の若いお運びさんに「写真撮ってもらえますか?」と言ったら、ランチ時で満席のような混みようで、バタバタしていたお運びさん。「申し訳ありません、少しお待ちください」と。その後スマホで撮ってもらい「忙しいのにごめんなさい。きょう古希のお祝いなので」と謝って食事を続けていたら「こちらでもお写真お撮りしていいですか?」とまた撮ってもらいました。

その後店長さんらしき男性が、写真を台帳に入れたものと、プレゼント(たち吉の小鉢でした)を持って来てくださり、びっくりした二人です。

私があまり食べれないので、一番量の少ない、一番リーズナブルで一人前二千円にもならないお料理だったのに、こんなサービスをされて恐縮してしまいました。

 

その後彼女が思い出したのですが、去年の19日、銀座のホテルの高層階のレストランで4人で誕生祝い。食後にウエイトレスの人が「良かったらあちらのソファーのお席でお寛ぎください」と言われ、フカフカソファーの席へ移動。またおしゃべりでもりあがっていたら「お誕生日とお話されていたので」とコーヒーをサービス、写真も撮ってもらいました。その時もそんなお高いコースではないし、私達の会話を聞いての対応でした。日本のお店の心のこもったサービスぶりはすごいですね~。

そんなサービスを二度も受ける彼女、なにか持ってるのかもね…。

クリスマス・マーケット、クリスマス礼拝

17日土曜日、日比谷公園でのクリスマス・マーケットへ行きました。小さな雑貨屋さんや、ハムやウインナー、ロールキャベツの食べ物のお店、一番は多分ホットワインなのかな?

人、人、人で歩くのも大変な混みよう。イルミネーションがとてもきれい!

今の季節どこもイルミネーションを競っていますね。

16日は孫の幼稚園でのクリスマス礼拝。孫も博士の役で頑張ったペイジェント(キリスト生誕の劇)等こちらは神聖なキリスト教の行事でした。私が参列していいのかしらと思いつつ。教徒の方々も、圧倒的な悲教徒の人達も盛り上がるクリスマス、日本人って不思議ね。

f:id:sasakikomachi:20161220212232j:plain

f:id:sasakikomachi:20161220212233j:plain

f:id:sasakikomachi:20161220212234j:plain

最後のツリーの写真はペニンシュラホテルf:id:sasakikomachi:20161220212236j:plain

パスケース竹久夢二

f:id:sasakikomachi:20161006172039j:plain

 写真を載せた方が楽しいかと思うのですが、これがうまくいきません。で、あとでブログをのぞいたら写真だけが投稿されていてやれやれです。すっかり遅くなりましたが、これは都バス都営地下鉄無料利用できるシルバーパスを申請して受取り、うれしくて書こうと思った時の写真です。

 

 これで都内あちこち行ける! 毎日でも乗りたい! お願いします、と運転手さんに見せると快くどうぞと言ってくれます。料金を払って乗っている人たちに少し恐縮しつつ。

 でもあちこち行きたいのは思いだけで体調が定まらず、行き交うバスをながめてることが多いかなー。

 今日はどこかいこうかなぁー。

署名しました

先日、署名をしました。

 ヒロシマナガサキの被爆者が核兵器廃絶を訴えて国連に提出する署名でした。

 

 そして二日ほど前、夜更かししてなにげなく視ていたテレビで、オバマ米大統領が広島の慰霊祭に出席したとき、被爆者代表としてオバマ大統領と握手されていた方、坪井直さんという方の被爆後の人生、思いなどを取り上げた番組でした。

 壮絶な人生でした。

 

 慰霊祭のときに大統領と、これ以上ないようなにこやかな笑顔で握手し言葉を交わしていたのをみていて、どうしてあんな笑顔が…と少し戸惑いながらみたのですが。

 そして坪井さんを取り上げた番組を視て…、いくつもの苦しみを乗り越え乗り越えして前を向いた結果だったのです。

  先日私がした署名のよびかけ代表が坪井さんであると番組の中で言っていました。

 

 核兵器廃絶を願う世界中の人々の思いが届きますように!

 

ステレオ欲しいけど

 

f:id:sasakikomachi:20160814155653j:plain

 昨今の趣味は受け身型ばかりです。音楽は聴く(カラオケは歌うけど)だけ、美術は観るだけ、今日は音楽の話を。ステレオが壊れて、最近はCDはHDのテレビの音源からで、パソコンではもっぱらUチューブで聴いています。

 何気なく検索していたら昔の音楽が次々出てきて・・・。夜空のトランペット、ライムライト、エデンの東、南太平洋、大好きだった女優(クラウディア・カルディナーレ)のブーベの恋人、その他たくさん! 良い映画、きれいな音楽たくさんありましたよね。久しぶりに聴いて感動しています。あぁ、きれいな音で聴きたいと思うけど、モノを捨てられず往生しているのに、いまさらステレオ買うのは…ねぇ。

 クラシックは高校の音楽の授業が毎時間レコード鑑賞でとても良かったけど、今はコンサートも行かないし積極的に聴くこともない日常です。

 ステレオどうしよう?

公園に不釣り合いな騒音と景色

f:id:sasakikomachi:20160725171419j:plain 久しぶりに小石川植物園に行きました。園内に入ると豊かな緑の木々、大きな池、とても清々しい景色です。でもその背景にドームのシルバーの屋根が見え、そしてプロ野球の試合の真っ最中。ドンスカドンスカ、ワーワーワーワーの大声援!

景色の静寂感だいなし!!

 でも試合の最中に来たのが悪いかと気を取り直して園内をぶらり、幸い暑い日ではなかったのでとても気持ちよく歩けました。ベンチに座っていると鴨の仲良しトリオがお散歩していたので、おいでおいでと手招きしたらヒョコヒョコとすぐ足元まで来てくれました。入場者を歓迎してるようです。

 都会の真ん中にある公園はよく手入れ管理されていても背景までは維持できないですね。

 お浜離宮も何度も行きましたが、汐留の高層ビル群が建ったあとはやはり不釣り合いな景色にがっかりでした。

 

 あれから何年も経ちますが、下町は高層ビルがにょきにょきと筍のように、いえ筍は生える季節がありますが、季節を問わずどこもかしこも高層ビルが建ち続けています。

 いったい東京の街はどうなってしまうの?

 都政や区政では街づくりを管理することができないのでしょうか?

 

 

 

 

 

楽しい? おしゃべりの時間

 13日からお盆です。

 昨日、弟のお嫁さんがお参りに来てくれました。

 昼食にお弁当を買って来てくれ、久しぶりの再会にすっかり話ははずみ、お互いの病気のこと、老化した現実、近親者の近況、お墓の話…。気が付けば3時間。雷が近づいてきたのでおわりました。

 その後、近所の新盆を迎えたお友達のところへお線香をあげに。

「お茶してきたので、おかまいなく!」と言いつつ座り込む。

こちらはお盆の話、迎え火のやりかた、盆飾りのしかた、うちは生ものはあげない、私は大好物だったからあげちゃう等々、私もネットで調べたりでやってきたしよく解らず、自分の実家はああだった、こうだった、友達の家はこんな飾り、お坊さんはこう言ったと宗派によっても、地方によっても違うよね、と結構な時間のおしゃべり。「結局は自分の気持ちでやればいいんじゃない?」で落ち着く。

 とにかく、私と同年代の会話はこういう話題で盛り上がっています。

老化を実感しつつの自分の悩みを話し、また聞くことで、共有してる安心感かな、そして情報を得ることも出来、良いストレス解消になっているのかも?と思います。